OFFICE AUGUSTA

LISTEN

MOBILE

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

COIL

岡本定義(7月27日生、神奈川県出身)と佐藤洋介(12月25日生、神奈川県出身)の2人によるユニット













1998年 
いまだに語り継がれる名曲「天才ヴァガボンド」でデビュー。サビの「バカでごめんね」という歌詞に影響(勇気)を受けたミュージシャンは少なくない。完全アナログ自宅録音ユニットとして注目を集める。

1999年 
ビートルズ「ホワイト・アルバム」を彷佛とさせる、さまざまな顔を持つCOILの初期作品群が絶妙に詰め込まれた1stアルバム『ROPELAND MUSIC』を発表。二人の地元"綱島"をタイトルに冠した本作は、ポップ・アルバムの名盤としてマニアックな音楽ファンからも高い評価をうけた。Chappieの2ndシングルをフル・プロデュースするなど、課外活動も精力的に行う。

2000年 
2ndアルバム『Orange & Blue』リリース。文学性の高い歌詞世界と独特のオルタナ・ギターサウンド、楽曲のクオリティーの高さで、傑作の名を欲しいままに。初の全国ワンマン・ライブ・ツアーでは、宅録ユニットのイメージからかけ離れたロックバンド然としたステージで観る者を魅了した。VELVET UNDERGROUNDトリビュート・アルバムに「AFTER HOURS」で参加。

2001年 
ギターロック/ギターポップ色の強いフィジカルな感動を呼び起こすDISC 1(白盤)、ゆったりと深い世界に引き込まれるスピリチュアルな感応を呼び起こすDISC 2(黒盤)からなる、LPのA面B面の感覚を意識した2枚組3rdアルバム『AUTO REVERSE』をリリース。PlayStation2音楽アクションゲーム「ギタルマン」の音楽プロデュース。エモーショナルなステージが印象深い2度目の全国ツアーを終え、その後、今回のニュー・アルバムに向けて地下に潜入。その間、COILとしてはシングルのカップリング集『ALL ERASE OK?』リリース。岡本は元ちとせに楽曲提供(シングル「ワダツミの木」のカップリング「幻の月」の作詞・作曲)、佐藤はソロ・ユニット"Propo"をたちあげる(2002.5.15 インディーズ・レーベルHiBOOMより1st アルバム『SERVICE AREA』リリース)。

2002年 
COILの出発点である"コンポ?ー岡本+エンジニア佐藤のユニット"という考え方のもと、それまでのアナログ自宅録音からPro Toolsを使ったハードディスク・レコーディングへ移行、音楽的にも飛躍的な進化を果たしたアルバム『0・10』を発表。各マスコミをはじめ、様々なミュージシャンやクリエイターからも"最高傑作!"との高い評価を得る。佐藤洋介の病気療養の為ライブ活動は休止していたが、秋より元ちとせへの提供曲(岡本作詞・作曲「ハミングバード」)でレコーディング活動を再開。佐藤はさらに年末から翌年初頭にかけてサンプリングサンのアルバム『狂騒ポップJr』のプロデュース&エンジニアリングを手掛ける。

2003年 
岡本は杏子の両A面シングル「雨のエレジー/MUDDY FLOWER」の両作詞・作曲、スガシカオのアルバム『SMILE』の中の「はじめての気持ち」にギター・ソロで参加、佐藤は福耳によるAugusta Camp 2003のテーマソング『SUMMER of LOVE』の作曲と精力的に課外活動をこなしながら、転換作と言える前作『0・10』に続く注目のオリジナル・ニュー・アルバムのレコーディング(2月~6月)。8月には1年ぶりのアルバム『LOVE』をリリース、この作品ではUKグラフィック界のカリスマ「Form」がアートワークで参加!話題となる。

2004年 
初のベスト『Singles+』をリリース。そして、自身のレーベル「sandwich records」を設立。「曲が出来たら、即発表!しかもCD以外で!」という希有な活動を標榜。しかし、MP3と会場限定音源に特化した、発表形態は話題となる(当然、困惑の声もあり)。

2005年  
そのsandwich recordsより満を持して第一弾CD『CINEMA』を10月5日にリリース!COILとしてワンマンライブを行う。佐藤洋介はbabamania、たびんちゅのアルバムプロデュースのほか、RCサクセションのライブ盤「ラプソディーネイキッド」のミックスを担当。

2006年  
COILとして初めて映画『初恋』(主演:宮﨑あおい)のサウンドトラックを担当。主題歌は元ちとせが歌った岡本定義作詞作曲「青のレクイエム」。

2007年  
9月に岡本定義がソロアルバム『象牙の塔』を発表。元ちとせのシングル「あなたがここにいてほしい/ミヨリの森」をプロデュース。(両曲とも作詞作曲;岡本定義)。佐藤洋介は長澤知之のミニアルバムにプロデューサー/ベーシストとして参加。

2008年  
オフィスオーガスタ所属アーティストによるスペシャル・ユニット「福耳」の、7月16日発売のシングル「DANCE BABY DANCE/夏はこれからだ!」を完全プロデュース。
福耳のシングルと同日に、これまで女性ボーカリストに提供してきた楽曲をセルフ・カバーしたミニアルバム「ギャルソン」をリリース。
10月22日には福耳のメンバーによるCOILトリビュートアルバム「10th Anniversary Songs~Tribute to COIL~」がリリースされ、自身も3年ぶりのオリジナルアルバム「Vitamin C」をリリース。東京と大阪でデビュー10周年記念ワンマンライブを行う。


COILサイトへ
COILのアイテム一覧

Vitamin C (モバイル)

Vitamin C

CINEMA (モバイル)

CINEMA