OFFICE AUGUSTA

LISTEN

MOBILE

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

スキマスイッチ

○大橋卓弥(オオハシタクヤ)
1978/5/9 生まれ AB 型 愛知県東海市出身
Vocal, Guitar, Harmonica,
幼少の頃よりクラシックを好み、小学生からピアノを習い始める。
その頃、繰り返し聞いた友人宅の電話の保留音に心を打たれ、後に父親のアナログ盤でそれがビートルズの「イエスタデイ」だという事を知る。それがきっかけとなり小・中学校時代はほとんどビートルズとともに歩んでいた。高校卒業後上京し、バンドを組むが自然消滅。その後、一人で曲を書きため、同じく上京していた地元の知己である常田にアレンジとレコーディングを頼む。それがきっかけとなり本人の優柔不断な性格のせいもあってかスキマスイッチ結成に至る。
メロディと歌になんとなく命をかける天才パフォーマー。




○常田真太郎(トキタシンタロウ)1978/2/25 treatmentサッカーや柔道、スキーなどをこよなく愛するガンダム好きだったが、高校の文化祭でバンドを組み、何故か男おとこ鍵盤けんばん(常田語:鍵盤は女々しいものらしい)に魅力を感じて音楽に目覚める。高校卒業後、多数のバンドに参加。様々な楽曲のアレンジを経験する。インディーズのレコーディングエンジニアなども経験しながら自らの曲も作り続けていたが、大橋の曲をレコーディングしたのをきっかけにスキマスイッチを結成する。洋・邦問わず幅広く音楽を愛する常田だが、本人のちまちました性格のせいもあってかその興味の対象は作品のプロデュースワークにあり、現在の常田の制作スタンスに繋がっている。作品のクオリティキープに異常な執着心をみせる秀才プロデューサー。




大橋卓弥、常田真太郎のソングライター二人からなるユニット。大橋が自分の曲のアレンジを常田に依頼したのがきっかけとなり、1999年スキマスイッチ結成。
2001年、新宿・渋谷を拠点に本格的なライヴ活動を開始。

2002年8月、AUGUSTA CAMP 2002千葉マリンスタジアムのサブステージに出演。観客30,000人の前でのパフォーマンスが好評を博し、以来、口コミが広がり着実にライヴの動員を増やしてゆく。
2003年7月、1stシングル「view」でオーガスタレコード第一弾新人として満を持してのメジャーデビュー!同曲が全国30局ものFMパワープレイ&ヘビーローテーションを獲得。同年9月にリリースされたデビュー・ミニアルバム「君の話」も新人ながら好セールスを記録し、全国のマスコミやリスナーから注目を集める。
2004年3月、2ndシングル「奏(かなで)」が発売1ヶ月前から全国ラジオ局や有線のO.Aチャートにランクインし、オリコン・シングルチャートでも初登場22位を記録。
彼らの真骨頂のバラード・ナンバーとしてロングセラーとなり、じわりじわりとファン層を広げてゆく。

さらに同年6月、3rdシングル「ふれて未来を」と1stアルバム「夏雲ノイズ」を連続でリリース。
デビューから約1年の集大成となった「夏雲ノイズ」はオリコン・アルバムチャート初登場2位を記録し、1st ALにしてブレイクを果たす!
同アルバムを引っさげた、初の全国ワンマンツアー『夏雲ノタビ~日本公演~』と追加公演『夏雲ノタビ~日本追加公演~』のチケットも全会場とも即日SOLD OUT!又、ツアーをまたぎリリースされた、通算4枚目となるシングル「冬の口笛」もオリコン・シングルチャート初登場6位を記録。
シングル作品としては初のベスト10入りを果たし、2004年を大飛躍の年として締め括った。
2005年4月にリリースした「全力少年」がオリコン・シングルチャート初登場3位を記録!
彼らのシングル史上最高位を獲得し波に乗ると、続いて6月にリリースした6thシングル「雨待ち風」もオリコン・チャート初登場7位を記録。
彼らのデビューのきっかけにもなった同曲は「奏(かなで)」に続く名バラードとして、歌、メロディ、アレンジなど、そのサウンドクオリティの高さから彼らの音楽的評価はますます高まってゆく。

そして、7月には2ndアルバム「空創クリップ」をリリース。オリコン・アルバムチャートにて堂々の初登場1位を記録!
デビュー以来、着実にスキルアップし成長を続けてきた彼らの“2005年の集大成”となる同アルバムは、多くのリスナーの支持を受け、現在もロングヒットを続けている。
そして、同アルバムを引っさげた初の全国ホールツアー「TOUR’05全国少年」(全22公演)も大成功のうちに幕を閉じ、11月には初のDVD作品となるミュージックビデオ集「別冊スキマスイッチ」をリリース。
さらには「紅白歌合戦」へも出場を果たし、まさに大飛躍の年として幕を閉じた。

2006年3月にリリースした7thシングル「ボクノート」は『映画ドラえもんのび太の恐竜2006』の主題歌として大ヒット!
国民的人気キャラクターとのコレボーレションにより、さらに幅広いリスナー層から支持を受けた。
同シングルの発売とともにスタートした全国ツアー「TOUR ‘06 “空創トリップ”」も大盛況のうちに幕を閉じ、続く7月には杏子・山崎まさよし・スガシカオ・元ちとせ他オフィスオーガスタ所属アーティスト達が参加するスペシャル・ユニット“福耳”のニュー・シングル「惑星タイマー」の作詞・作曲&プロデュースも担当。
8月には、あだち充原作の大ベストセラー『ラフ』の実写版映画の主題歌として、通算8枚目となるシングル「ガラナ」をリリース。
同シングルはc/w曲の「スフィアの羽根」が第88回全国高校野球選手権大会の<2006 ABC夏の高校野球統一テーマ曲>に、3曲目が<日本テレビ系「ズームイン!! SUPER」春のお天気テーマソング>にと、収録曲全てにタイアップが付いた”トリプル・タイアップシングル”として発売前より話題となり、シングルチャートで堂々の初登場1位を記録!

そして、来たる11月には通算9枚目となるシングル「アカツキの詩」&ファン待望の3rdオリジナル・アルバム「夕風ブレンド」をリリース!2003年のデビュー以来、着実に成長を遂げてきた彼らの3年間の集大成とも言えるニュー・アルバムとなる。
洋楽・邦楽問わずトラディショナルなエッセンスが加わった、秀逸でダイナミクスのあるメロディ、心の奥に隠しておきたい感情を正面から突きつけてくる詞世界、そして何より大橋の温かく包み込むような独特の歌声、それを支える常田の卓越したサウンドクリエイトの力量。それは万人が持っている心の琴線を震わせる、まさに21世紀型ネオトラディショナル・ポップス。その才能との出会いは言わば新種発見。 
スキマスイッチサイトへ
スキマスイッチのアイテム一覧

センチメンタルホームタウン

石コロDays

さいごのひ

さいごのひ

スキマスイッチ TOUR 2010 "LAGRANGIAN POINT"

スキマスイッチ TOUR 2010 "LAGRANGIAN POINT"

ナユタとフカシギ

ナユタとフカシギ(モバイル)

ゴールデンタイムラバー

ゴールデンタイムラバー(モバイル)

虹のレシピ

虹のレシピ(モバイル)

Drunk Monkeys (モバイル)

Drunk Monkeys

SKY (モバイル)

SKY

ありがとう (モバイル)

ありがとう

はじまりの歌 (モバイル)

はじまりの歌

グレイテスト・ヒッツ (モバイル)

グレイテスト・ヒッツ

マリンスノウ (モバイル)

マリンスノウ

夕風ブレンド (モバイル)

夕風ブレンド

アカツキの詩 (モバイル)

アカツキの詩

ガラナ (モバイル)

ガラナ

ボクノート (モバイル)

ボクノート

空創クリップ (モバイル)

空創クリップ

雨待ち風 (モバイル)

雨待ち風

全力少年 (モバイル)

全力少年

冬の口笛 (モバイル)

冬の口笛

夏雲ノイズ (モバイル)

夏雲ノイズ

ふれて未来を (モバイル)

ふれて未来を

奏(かなで) (モバイル)

奏(かなで)

君の話 (モバイル)

君の話

view (モバイル)

view

アイスクリームシンドローム

アイスクリームシンドローム(モバイル)

雫(しずく) 獣の奏者エリン